Master Road 

アリジゴク
mug 101.JPG

見っけた♪
久しぶり・・・たぶん40年くらい・・・久しぶりである。

ガキンチョの頃。
近所の寺でカブスカウトに参加してた。
青いシャツに半ズボン、首に黄色いチーフを下げていた。

地元の第6団。
隊長は住職の息子。
やっぱ僧門だもんね、いずれは彼も寺を継ぐのである。

そんなもんだから僕らもチョクチョクと修行につき合わされた・・・。

超ブーブー言う!が、隊長はエライしコワイ。
仕方なく正座して経をあげる。
板の間の本堂で青いガキンチョがずらっと経じる姿は不気味だ。

そんな辛い修行の場だが、その本堂の下にはわんさかといた♪

mug 097.JPG

THE 蟻地獄!
何百の地獄穴が薄暗い縁の下にズラリである。

地獄穴の淵を小枝でチョイチョイする。
ビュって中心から砂が舞い上がる。
そうなると知っていてもやっぱドキっとする。

小枝を穴の傾斜に沿って円を描きながら中心に持って行く。
するとブワッ!コイツが飛び出して来るのである。

当然捕まえる。

そんでバケツで飼う。
僕がせっせとアリを運ぶ。
最初のうちだけ、運ぶ・・・・。

そう。

ガキンチョはすぐに飽きるものである。
バケツをよじ登ったアリが地獄穴に嵌る確率ってどれくらいだろう・・・?
ごめんなさいである。

何匹のアリジゴク君が僕のせいで天に召されたか分からないm(_ _)m。

さて、そのへんのことは置いておいて。
娘にもチョイチョイ・ビュッとブワッを味あわせたい。
親心だ。

出かける度にいそうな所をチェックしていた。

そんで、めでたく、山の天辺の休憩台の下で念願の地獄穴を発見!

こうなると眠っていたガキンチョ魂がメキメキと復活。
親心&娘そっちのけでビュッ&ブワッを満喫した次第である(^^)。

散々楽しんだあと・・・

親心が復活して娘にもビュッ&ブワッをさせる。
喜んだキャーキャーだ(^^)。

孫。
娘の子がキャーキャー言える頃。
また、地獄穴を発見出来るかな・・・?

娘・優風、今年11歳。

孫・・・か。
ずいぶん先な気がする・・・が。
時折ココをチェクしなくっちゃ!である。

親心は不滅なのだ。



| ナオマス | 生けるモノ達 | 19:53 | - | - | -
ツピーツピーの家


恩師お手製の巣箱。

僕は親父の顔をしらない。
血の父は生まれた時からいない。
育ての親父はチビガキの頃はいたが、ガキになる頃に消えた。

恩師。

勝手に親父と定めている人がこの恩師である。
誠っと勝手に定めているので迷惑な話なのであるが決めている。

恩師の教え。

正義の味方になれ!
男は女に優しくするためにいる!
死ぬこと意外は早くなれ!

親父の教えだ。
僕はいつでもこの三つを思って生きている。
なかなかの親父の教えは難しいが、とにかくこの教えを心に置いている。

昨夜、恩師と酒を飲んだ。

手製の巣箱をもらった。
恩師の庭の巣箱では今年は6羽、四十雀の雛が孵ったそうである。
ツピーツピー鳴く四十雀だ。

28mmの穴。

四十雀丁度サイズの穴だそうである。
これより大きいとムクドリやスズメが入るらしい。
目白などの小型の野鳥は小枝で高い樹木のうえに巣を作るそうだ。

今朝、庭のオリーブの木に親父手製の巣箱を置いた。

ツピーツピー♪
早朝の気持ちいい空気の中で可愛い声が聞こえる。
姿は見えないけどヤツはいる。

楽しいじゃないか。

親父と酒を飲み。
手製の巣箱を楽しみに覗く。

巣箱を眺めながら思う。

マジ、楽しいじゃないか♪


| ナオマス | 生けるモノ達 | 08:16 | - | - | -
chipとpop!


初体験だ・・・。

犬モノ・・・。

友人YUMIからのオーダーである。

友人夫妻の仕事の看板犬のchipとpop。
駅や電車の中の広告などに登場するモデル犬。
なんと!?稼ぐワンコなのである(@@)。

その名もボストンテリアさま。

比較的新しい犬種で、もとは闘犬ででかかったらしい。
ちっちゃくなって、しかもタキシードを着込んだ配色が人気。
メトリックに柄ってるほうが人気高ってことだ。



彼等の首輪&リードを頼まれた。

初めての犬モノなのでYUMIから詳しく聞く!聞く!聞く!
初めての犬モノなのでこんなもんかな?って作る。
初めての犬モノなのでオソルオソル納品。

しばらく使ってもらっているが今のところ調子いいそうだ。
ホッ!で、ある。

しかし・・・こいつら・・・chipとpop。

納品の時に初対面したのだが・・・。

これ!まるで筋肉の塊(@@)。
カチっと引き締まったお体。
どっこにもムダがない。

そんで、飛ぶ!

そんで、ビョンビョンと飛ぶ!

そんで、なめる、超高速でベロベロする、しかもかなりしつこい。

当ー然、僕の顔はchipとpopのヨダレでデロデロである(笑)。
飼い主YUMI曰く、ロケットなめと言う技らしい・・・。
恐ろしい技である。

また会いに行くよchipとpop。

そん時ゃロケットなめ返しの技を会得しとくので覚悟しとくように!
(技考案中・・・募集もしています!!)



| ナオマス | 生けるモノ達 | 09:41 | - | - | -
クルクル


バーの店頭ディスプレイ用の木箱をGETするためにDIYにいた。

チチコカチ♪チチコカチ♪
携帯が鳴る。
液晶を見ると娘の優風からである。

優風は妻と一緒に外の園芸コーナーにいる。
「パパ庭に植えるお花買っていい?」。
ん、別にいいがなんでそんなこと聞くのだろう(??)。

母親が一緒なのだし勝ってに買えば〜である。

木箱を手に入れてから行ってみた。
優風は花から花へとやたらクルクルしてる。
黒いビニールポット入りの花畑。

僕にはキレイなこと以外チンプンカンの色とりどりがいっぱいだ。

それにしてもアイツはなんであんなにクルクルしてんだろう?である。
お!僕も気が付いた♪
速攻、優風に混ざる。

蝶々だ(^^)。

一匹のタテハ蝶が花畑にクルクルと卵を産み付けている。
ホントに連続技、ちょいと生んで、ちょいと生んでと花葉から花葉へと移っていく。
コレは可愛い&ラッキー♪

納得。

優風は花ではなくてタテハちゃんの卵が欲しかったのだ。
そんでマズは僕に電話。
まず、いいよ〜の返事をよこすだろうと確信していたハズである。

そんで妻に「パパがいい♪って言った(^^)」と報告。
めでたくタテハちゃん卵付きの花を手に入れる作戦。
娘ながら見事だ(笑)。



コレが卵付きのパンジー。
今、庭でせっせと鉢に植え替えている。

さてタテハの子。

たった一個の卵。

無事に青虫になって。
無事に蛹になって。
無事に蝶になって飛び立って欲しい。

しかし、周りはチュンコやらヒヨやらムクがいっぱい・・・。

食われるだろーな、やっぱ(−−;)。

家の中に置くか、ネットをかけるか・・・。

僕の青虫〜蛹〜春にタテハ蝶を見てーぞー!根性がムックリする。

家の中がいい気がするが・・・・
愛猫の嵐次郎は葉っぱが大好き(^^;)。
いくつも室内植木を完食している。

きっとエッグパンジーはご馳走である。

自然界ってスゴイよね。
タテハちゃんがあんなにいっぱいクルクル産卵をしていた訳である。
縁あって我が家に来た卵ちゃん。

僕が無事に蝶にしたろーやないか!

しかし・・・どーしたものか(@@)。

| ナオマス | 生けるモノ達 | 13:31 | - | - | -
君もか・・・。


コイツでかい!

畑のあぜ道で見つけた黄金蜘蛛である。

X状に足を広げてゴハン待ちする黄金蜘蛛。
左後ろ足が欠けているのは天敵と戦ったのかな?

普通は2センチ位なのだがコイツは余裕で3センチU〜P!
キングいやクイーンである。
そう、だいたいデカくて派手なのはメスに決まっている(笑)。

黄線に茶線で居丈夫なのが黄金メスのしるしだ。
んじゃ・・・オスは?ってなる。
体長わずかに1/5、色は茶一色である。

なんかショボイがいいのであるオスは身軽なほーがいい♪

唯一の遺伝子をGETしたいメスは人間以外の自然界ではお派手である。
オスは自分の遺伝子をより多くばら撒くために身軽穏便体制(笑)。
派手で目立つメスを毎夜グルグル回って歩く。

だいたい人間以外のイキモノはこんな感じである。

オス黄金はエッチしたくなるとメス黄金の網に足をかけてご機嫌を伺う。
お許しがでればトツゲキである♪

無事に遺伝子伝達が終わるとタマゴが生まれる。
タマゴは網の端っこにぶら下がる。
そんで、秋には子蜘蛛たちがご誕生する。

生まれてすぐである。
子蜘蛛たちは空に飛んでいく。

バルーニニグ。
ケツから糸一本。
風に乗って子蜘蛛は生まれてすぐに自分旅に出る。

すげー逞しい。

親黄金は秋には天寿まっとう昇天しちゃう。

空に旅立った子黄金が次の秋のにはもう子を空に旅立たせるのだ。

やっぱ逞しく潔い。

懺悔しとこ・・・。

ガキンチョの頃。

蜘蛛巣ってーと棒を拾ってブッチしてた・・・。

ごめんなさい。

大人だしもうやんないです(−−;)。

| ナオマス | 生けるモノ達 | 09:07 | - | - | -
ブラウザーヤギちゃん


お前怖いぞ・・・(−−;)。

なんで黒目が横長なんだろう?
ずっと、ずーーーと気になっているのだがまだその理由が分からない。

ヤギはブラウザーである。

ちなみにヒツジはグレイザー。
グレイザーは草食、ブラウザーは芽食。
ブラウザーは低い樹木の葉を好んで食べることである。

ヤギって結構スゲーよ(笑)。

牛にみたいに胃袋が4つもある。
そんで、胃に微生物がいて枯葉までゴハンに出来ちゃう。
そんで、そんで、オシッコを出すのをコントールして乾燥地帯にも強いときてる!

ブラウザーヤギちゃん!やるじゃんだ。

あと、気になるのがヤギは紙をホントに食うのか?だ。

基本、大丈夫♪

紙の主成分のセルロースも胃にいる微生物が分解するんだって。
だけど現代の紙はやめといた方がいいらしい(^^;)。
安心してヤギが紙を食えたのは昔の紙まで・・・。

昔と違っていろんなモノが入っているので腸閉塞を起こすかもしんないらしい。
(優風(娘)・・・牧場でもうティッシュ食わしちゃイカンよ・・・。)

ふ〜ん。

ちょっとヤギに詳しくなった。

しかし・・・まだ、横長黒目の謎は解けない(−−;)。


| ナオマス | 生けるモノ達 | 11:12 | - | - | -
キラリ♪


25の一本足

いっぱい案山子がいた田んぼの畦道。

畑にのびる水路。

キラリだ。

ガキンチョが書いた看板。

「田んぼをきれいに☆」

おうっ!すげーココキレイだぜ!だ。


ドジョっ子だ♪


モツゴだ♪


ヒルだ♪

数珠玉の木。
無花果や栗の木。
草むらに不用意に踏み込むと無数のバッタが飛びかう♪

おうっ!地ガキンチョ達。

すげーココキレイだぜ!だ。

ホントにホントにキラリとしてるぜ!だ。


| ナオマス | 生けるモノ達 | 09:40 | - | - | -
ピーヨ ピーヨ


♪ヒヨドリだ(^^)。

こいつ、僕の家の周りにいっぱいいる。
離れているとムクドリと見分けづらい。
尻尾が長くて、少し色が灰色っぽいのがヒヨである。

近づけばほっぺが茶色いのですぐ分かる。

ヒヨはとにかく声がでかい(笑)。
ピーヨピーヨとよく鳴く。

みかんやリンゴを置いておくとすぐに食べにやってくる。

近づくと警戒してか頭の羽をバサっと立てる。
まるで猫のようである(笑)。

今もピーヨピーヨと大騒ぎしている。

おりょ?
ランはどーした?
いつもならスっ飛んでくるのだけど・・・。



見に行ったら昼寝中である(^^)。

気持ちいい秋晴れだ。

ヒヨドリは元気にピーヨピーヨ♪

ランは気持ちよーくまどろみんだ♪

さて、僕は気持ちよーく仕事に出かけますか・・・(−−)♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
     one click
| ナオマス | 生けるモノ達 | 07:21 | - | - | -
Big&Small


OH~これは・・・!

アブラ&ヒグラシじゃん(^^)。
ワンアングルにBIg&Smallの抜け殻。
なんか得した気分である。

今年は夏が短い・・・。

蝉もあせっているかもしんない。
森にはそっこらじゅうに蝉殻が転がっていた。
秋の風が気持ちいい木陰で青いドングリと蝉殻を並べてみる。

ちょっとグロイ(笑)。

・・・!
あせっているのは蝉だけじゃなかった(@@)。

血吸い(蚊)も必死だった。

栄養を求めてたかってくる!

逃げろ!即撤収である。


| ナオマス | 生けるモノ達 | 22:39 | - | - | -
見っけ♪



神奈川だけど、超東京寸前。

こんなトコロで暮らしている。
家から半時間。
鮎師が等間隔で入る川。

見っけたもんね♪
沢蟹(^^)。
沢蟹はキレイな水にしか住まないって聞いた事がある。

やっぱ家の近くにキレイって思える川があるのは嬉しい。

ほかにも。





こんなイキモノ達も見っけた。

浅瀬でゆっくりと石を裏返す。
狙いは半分は水面に出ていて深く埋まってないヤツ。
流れが濁りをキレイにするまでじっと待つ。

さらにじっと見つめる。

じっと見つめて目が慣れてくると・・・

ソコにいる♪

5mm位の子蟹もチョロチョロしてる。

ガキンチョ達はじっとしてられない(笑)。

いない!いない!と繰り返している。

さぁ、ガキンチョよ、ココで辛抱を学べ!だ(笑)。

自然はまったくもって良き教師である。


| ナオマス | 生けるモノ達 | 12:54 | - | - | -
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ