Master Road 

限界(・・)点
グラスホッパータイヤ.jpg

タミヤ グラスホッパー
●全長389mm 全幅223mm 全高135mm
●車体重量=830g
●駆動方式=後輪2輪駆動

長い事楽しませてくれている僕のグラスホッパー君。
お手頃価格のモーターラジコンカー。
あっちこっちがぶち壊れる度にムリクリに修復しているが未だ現役。

が・・・
色気を出してモーターをパワーアップしたのがいけなかった・・・

ある日思いたった・・・。
通常の380モーターを540モーターに取っ替えたらスゲーかな?
そりゃ ビューーーン だ!
あったりまえだ!

でやる、思い立ったらすぐやる。
モーター交換・・・買って来て・・外して・・はめる・・。
お手頃価格マシンは単純マシンなのでちょちょいのチョイで交換完了!

速攻 動かす。
380→540である!
160も大っきいのである!

実は何が380やら540だか全く分かんない・・けどね(笑)

家の前。
ギュ〜〜ン!!
おーースゲー!
スタートフルスロットルでタイヤが空転するじゃん!
すんごい勢いで駆ける僕のグラスホッパー。

しかし・・・うお あう ひっ!である。
なんか、ちゃんと動かせないし・・・。
そんなしてたらいきなりキタ。

ガガガーーー(・・)

えー、後ろタイヤいっこ飛ぶ、前輪が寄り目みたいになる。
で転がる。

ははは、ダメじゃんである。
えっと後ろタイヤはなんとホイールが割れてモゲモゲ。
前輪寄り目はどうやら下ボディーがたわんで留め具が外れたみたい・・・。

ん〜〜どうやら僕のオンボログラスホッパー君には荷が重かった。
540モーターのパワーに他のドコも着いて行けないみたい(笑)。
なんせ・・・
あっちこっちがぶち壊れる度にムリクリに修復しているのだもんね。

そんで・・・
あっちこっちがぶち壊れたのでムリクリに修復する!

うん、モーター380がいいね♪
身分相応がイチバンである。
ホイールはよん個とも新しくしてっと。
割れちゃったトコは瞬間接着剤でちょいちょいっとする。

グラスホッパー.jpg

復活(^^)
お手頃価格マシンは単純マシンなのでちょちょいのチョイで復活する!

おっし!
またひとつ大きなケイケンをした僕のグラスホパー君は未だ現役である。
| ナオマス | 動くモノ達 | 10:45 | - | - | -
BARA!BUN!


BARA!BUN!だぜ。

僕のHD・・・ボロである。
絶対に走っている時間よりバラけている時間の方が多い。
そんでもいい♪

僕はコイツが気に入っている(^^)。

今は完調 − 2 。
フロント時のブレーキングランプ&油温計のみがダメ。
僕のHDがこんなに調子いいのは滅多にない。

奇跡である!
なんたって悪いところが2ヶ所だけ(笑)。

しかもだ。
だいぶ前に無くしてからホッタラカシだったリアケースのフタを新調したもんね。
塗装代が5万円だって言うので「いいや、そのままで・・・」ともらってきた。

ケースに雨が入んなきゃいいのだ。



BARAしてはBUNと走るのがコイツとの付き合い方。

怖くて遠出できなくても・・・。
毎日プラグを磨かなきゃいけなくても・・・。
リッター7キロしか走らなくても・・・。

僕わ〜コイツが気に入っている♪






| ナオマス | 動くモノ達 | 10:30 | - | - | -
風呂るぜジちゃん


僕のHD。

今22歳。

バイクだとやっぱジちゃんになる。

今もあっちこっち愚図りながら走ってる(笑)。

今日は風呂るぜジちゃん。
ジャバジャバ洗う。
洗剤はJOYがいい♪

油汚れにはJOYが効く。

バケツにタップリとJOY水を作って洗う。
でっかいスポンジとデッカイブラシでゴシゴシやる。
最後に低水圧で根気よく流して終了である。

たまーに風呂る。

普段はフキフキするだけだけど。
1年に一回位は風呂る。
バラして拭いてやると、奥の埃もキレイサッパリで気持ちいい♪

ジちゃんバイクは電気にガタがくる。

ついでによく見てやる。
ダン・ダダンと震えて走るジちゃん。
半田で止めておいても安心は出来ない。

やっぱね(^^;)。



今回は油温計の電気がダメになっていた(笑)。

そんなこんなで労わりながらジちゃん相棒と走る。

今、ジちゃんは高回転でクラッチが滑る・・・気がする。

部品交換するか微妙な滑りだけど・・・滑っている気がする。

でも、ゆっくり走っているとなんともない♪

これでも、このままでも、いっか♪

なんて思ったりもする・・・(^^)。

| ナオマス | 動くモノ達 | 13:22 | - | - | -
反省・・・。


やっちまった・・・。

後悔しきり、反省しきりである。

愛車ヴィークで家を出る。
細い住宅街だ。
すれ違いはムリムリな幅が続く道筋。

でも、まぁ慣れた近所道である。

すぐに右にしか曲がれない突き当たり道を右折!って。
曲がってすぐに車が一台止まってる。
危うく突っ込むところである・・・危なかった。

ナローって思うけど、こんなの良くあるし、だ。

冷静に静かに控えめに「プッ♪」っとクラクションを鳴らしてみる。
気のいい感じのヒトがペコペコしながら出で来て慌てて車を動かす様を想像する。
ん?反応なし・・・も一度「プップッ!」。

無し、反応何も無し!である。

無礼である!
勝手に道を通せんぼしてなんてことかー!
なんて、ちょっとキレ目になった僕。

仕方ないのでバックでこの袋小路から脱出することにした。

イラっと来ているのでチョイとアクセルを開け気味バック開始。
もともとバック進行は得意である。
道路交通法が許すのであれば何キロでもバックで行く自信がある僕。

グイーーンって順調に後進してたら・・・鳴った。

カシッ!って鳴った。
左側で鳴った。
ふと見るとない。

左ドアミラー君、昇天である・・・。

うお・・・電信柱にカスった(@@)。

すぐに車屋に電話する。

「ドアミラー幾ら?」

しばらくして返事「42,000円♪」。

イラついた罰である・・・。

やっちまって、後悔しきり・・・反省しきり・・・である。

うう〜42,000エ〜ン。


| ナオマス | 動くモノ達 | 13:44 | - | - | -
通勤快速仕様


僕のジテン、クワハラを通勤快速ハンドルに交換した。
(ガキの頃からなぜか自転車をジテンと呼んでいる・・・。)

クワハラフレーム

フレームからコツコツくみ上げた僕のジテン。
ETをカゴに乗せていたジテンがクワハラ製である。
MBXが得意なメーカーらしくごっついフレームがかっちょいい♪

バー通いに使う気もなく組上げた。
だから、ハンドルも広めの低めを選択。
どっちかと言いと競技向きなセッティングである。



時々クワハラでバーに出勤する・・・。

そうすっと、うう、腰が痛てーってなる。
腕をグワっと広げて、前傾姿勢で飛ばすのは腰にワリーらしい。
きっと若い頃は平ー気のへーちゃんだったのだろうが・・・もうトシである。

トシには勝てない。
し、もともとジテン競技なんて出ないのでハンドルを交換する(笑)。

んじゃ、最初からミエを張らずにいりゃいいのだが・・・
なんか張らずにいられない。
僕は超カッコから入るマンなのだ(^^)。

そんで昨日の休みの午前中に作業開始。

セッセとハンドル交換をした。
たかがジテンのハンドル交換つったてナカナカなのだ。
取っ替えっこ自体は簡単なのだけど良いポジションを見っけないといけない。

実はコレが結構好き♪

ゆるくギュってネジを締めてはチョイ走る。
数ミリズラしてはまた、チョイ走る。
ハンドル・ブレーキレバー・ギヤシフトレバーの位置をコチョコチョする。

いい感じに決まると、おっココ!なんて一人語ちって悦に入る。

仕上がり完璧!ついでに掃除してオイル点していい気分になる。

いい気分になっちゃったから一日どこに行くにもジテンで行った。

結構、あっちこっち行った。

ふふふ・・・案の定だ。。

今日は気分がワリーくらいに筋肉痛である(@@)♪


| ナオマス | 動くモノ達 | 09:49 | - | - | -
燃える!

完成・優風カー・トーちゃんカスタム1号

グチャグチャである・・・んで、なんか燃える!



僕を燃えさせたのは・・・
娘・優風が小学校から持ち帰ったキットカーだ。
授業で作ったらしい。

コレが僕に火を着けた。

小4、微妙なキットである。
簡単ちゃ、簡単だけど、完璧に作るのは、それなりに・・・
って、感じだ。

じーーん。

優風の苦労が手に取るように分っかる(笑)。
「ガァ〜ってうるさいんだぁ〜」とか「時々走らないの」なんて言ってる。
まっかせなさ〜い!だ。

燃える!

そりゃートーちゃんの出番っしょ♪
配線を完璧な長さにカットして半田付けで完璧通電。
ギヤにシリコングリスを塗り塗りする。



きっちゃないマジックのボディーペイントも消しちゃえ。
可愛いデカールを貼ってバッチオッケー♪だ。
ついでに電気も点灯するよにカスタムしちゃう。

ん〜マンダム♪(意味不明)いい感じに生まれ変わった。

・・・いいのか?

子供の手作業をこんなしていいのか?
でもこんなの見ると放っておけない質なのだ・・・。

ゴメン、優風・・・。
ガッコ行ってる隙にやっちゃったもんね♪

娘の机の上に置いてきた優風カー・トーちゃんカスタム。
怒られっかな?・・・喜ぶかな?
まぁどっちでもいいや♪

燃えて、いじって、スッキリコンだ!

動くモノ大好き♪

ハンパモノは可愛そうで見ていられない僕である・・・(笑)。


| ナオマス | 動くモノ達 | 09:00 | - | - | -
一家に一台2



コイツも欲しい♪

スワンボート超エコだ(笑)。
平日の午前中・・・当然湖は閑散としている。
ボート屋のおじさん談「時間気にせんでいっぱい乗っておいで〜」。

って、余計なことを・・・。

30分1500円の貸しスワンちゃん。
30分で丁度いいしょ!それ以上は辛いっしょ!だ。
エンジンはきっと僕である。

乗りこんで少し安堵♪
3人乗りで真ん中が運転手、舵取りマン席。
両側が足漕ぎペダルエンジン席だった。

フフフ、ツインエンジン船だ(笑)。

出っぱ〜つ!
右エンジン僕、左エンジン娘優風、船長妻である。
ガァ〜!漕ぐ、ガァ〜〜〜ッ!漕ぐ・・・。

進まん・・・。

コイツおっせー!
運動量に対してエネルギー伝達率が超ワリーぞコイツ!だ。
そんでも漕ぐ!漕ぐ!漕ぐ!

沖まででた。

気持はいい♪
陸の方は見ない・・・。
辛くなるもんね、必ず戻らねばいかんのだよ、絶対。

でものんびりしていいかも♪だ。

スワンの大軍

変わりモノ 天道虫か?


なんてのもいる(笑)。

毎日忙しい現代人大人にはこんなのんびりした乗り物も良いのだ(笑)。

金持ちになったらコイツも買おう。
三人乗りなので一台でいいや。
買ったらボート屋のおじさんに預けて使ってもらっておこうっと。

たまに乗れればいいや♪だ。

なんたってコイツは疲れる・・・。

帰りは向い風だった。
なぜか張り切った妻子がツインエンジンを買って出る(笑)。
よっしゃー舵取りは任せておけ!だ。

そうだ!いかなる時も一家の舵は僕が取るべきである。

将来YASUKO三台とスワン一台を購入するぜ!

YASUCO

我が家の舵取りはすっかり僕に任せておきなさいだ!(笑)

| ナオマス | 動くモノ達 | 13:39 | - | - | -
一家に一台


命名、YASUCOである。

本人が「コはCOにして♪」って言った(笑)。
YASUCOは元バースタッフで妻の友人である。
たまたま写真の編集をしている時に遊びに来ていた。

んで、コイツ、ヤスコに似ている・・・ってことで名前を頂戴した♪

いいよねコレ!
我が家に欲しい乗り物世界1だ。
動いてる時はイカシタメロディーまで奏でてくれる。

しかも エコ である。

動力はモーターだ。
電気自動車ならぬ電気動物車だ。
バックだってするんだぜ!だ。

YASUCOで買い物とか行ったら人気者になるに決まってる!
YASUCOでツーリングとか行ったら「可愛い~♪」ってモテモテだ!
YASUCOが庭にあったら何より娘、優風が友達に大自慢である!

そんな訳で金持ちになったらまずは我が家にYASUCOを買う。

三人家族なので3台買っちゃおうっと。
妻は友人だしYASUCO。
優風はポニーが好きなので馬タイプ。
僕は王道のパンダマシーーンがいい♪

パンダマシーーーンは当然チューンナップする!

電動ホークリフトか市場のマイティーカーのユニットを移植する。
おっ!プリウスとかのモーター部だけ移植すんのもいいな〜!
夢は広がるのである♪

たぶんコイツおもちゃなので税金とか車検とか関係ない。

お財布にも超エコなはずである(笑)。

これからは一家に一台YASUCOの時代が来るぜ!だ。


| ナオマス | 動くモノ達 | 11:28 | - | - | -
未知との遭遇♪


未知との遭遇だぁ♪

コレ・・・なに?
超キレーなブルーボディー。
なんて言っても前輪2、後輪1だよコイツ・・・。

スリーホイラーな乗り物は何台か知ってるけどなんてクラシカルな!?だ。

いいな!いいな!である。
もう、たまんない!のである。
近所の湖の駐車場で未知との遭遇である。

話しかけちゃうもんね。
このチャンスを逃がしたら一生悶悶人生だ。
「すんませ〜ん、こいつって何モノですか!」ストレートに聞く。

オーナーは渋いジェントルマン。
茶犬と未知のスリーホイラーでドライブ中らしい。
ヘラヘラ近づく僕を警戒しつつも親切に応対してくれた。

グイっとよってまたまたビックリ!

ボディートップにエンジンがむき出しだ。
しかもモトグッチスポルトの1100ccである。
バイクか!?こいつは・・・。

そう言えばマフラーもボディーサイドにバイクチックなのが生えている。

なんともまぁ嬉しくなっちゃうヤツに出会ったもんだ(笑)。
オーナージェントルマンの話によるとイギリス製のキットカートだってことだ。
もちろん車検もあって、きちんとナンバーも付いている。

感心する、感動する。

コイツにナンバーを付けるのは絶対に大変なはずである。
僕がチェロや古ハーレーの車検に苦労した苦労の何倍も大変なはずだ。
乗りたい・走りたい情熱のでっかい塊を持っていないと成し遂げらんないはずだ。

この人仲間ね♪

勝手に決めちゃう。
だってこんなの乗ってんだよ仲間さ。
しかもお茶目に犬乗っけてるもん絶対に同じ品種人間である♪

車名 JZR 
Jhon Zeimba Reatoration の頭文字だそうだ。
ジョン・ゼンバおじさんのレストア屋って意味だそうだ(笑)。

ますますいいな、いいなである。

ジェントルはバイクライダーでもあった。
モトグッチとBMW乗りだそうだ。
特にモトグッチに惚れこんでいるようで目が笑ちゃっている。

溢れるようにモトのいいところを説明してくれた(笑)。

なんて言っても未知との遭遇である。
いきなり言っちゃた「まだ走らないのですか?」だ。
だってエンジン音聞きたい!動くとこ見たい!である。

ジェントルはニヤと頷く。
愛犬をサイドコンソールに押し込む。
グットくるゴーグルを装着する。

グドン!

キター!である♪
ドゴン・ドゴンとスポルト1100が振動する、踊る。
うお!バックした・・・。

そっか君は後れるのか!

そんでジェントルは一度も僕を見ないで超気持ちイイ音を残して飛んでった。
見えなくなる寸前に右手を高く挙げて消えて行っちまった。
はぁ~だ。

なんかスゲーの知ちゃったぞ、だ。

ヤバイ・・・。

あれ乗ってみたい・・・。

近所の湖に行く楽しみが増えた♪

名も知らぬジェントルにまた会おう!決めた。
仲良くなって一回乗せてもらうのだ。

JZR・・・ェントル・ェタイ・のゥゼ!


| ナオマス | 動くモノ達 | 08:10 | - | - | -
お手軽危惧


簡単過ぎる・・・。

コレ140円で薬局で売っていた。
娘が欲しがったので気軽に買った。
その名もスーパーグライダー!



どこがスーパーなのか?
うん、納得。
超簡単に作れて飛ぶじゃん!である。

工具もなにもいらなし、説明書も見なくていい。
お手軽にマズマズ飛ぶ飛行機が完成する。
でもなぁ〜・・・だ。

そう言えば凧。
あいつもビニールの三角のやつが主流になってからこっち・・・
簡単にお手軽に舞い上がる。

これも、でもなぁ〜・・・だ。

いいのかな。
工夫する余地とかなくて、だ。
まぁ僕ならこのスパーグライダーも三角凧もさらなる性能を求めていじくる。

しかし最近のガキンチョは出来上がって遊んで壊れて終わりって感じがする。

友達より遠くに飛ぶ飛行機や高く上がる凧を創意工夫する姿をあまり見ない。
お得意のDSでもネット情報や攻略本を参考に完クリのスピードを競う始末だ。
なんかヤバイ感じがするのは僕だけなのだろうか・・・。

竹を刈り出して来て竹ヒゴを作る。
そこから飛行機や凧を工作する。
ガキ仕事だから当然ダメダメだが大人のは空に上がる。

そんなのを目にして「大人はスゲー!」って思った記憶がある。

ガキンチョは手先が不器用である。
経験が浅いのだからあったり前。
毎日毎日頑張って頑張って何年もかかってトーゼンの修行だ。

そんで、やっとこさ人間の手は器用になるのだ。
生まれてすぐにキレーに折り鶴をする人間は絶対にいない。

お手軽過ぎやしませんかーーー!?だ。
学校の工作の時間だけじゃ足んないっしょ。
もっと自分の机の上をグッチャグッチャにして頭かかえてナンボしょ、だ。

なんか焦る・・・。

お手軽危惧、云いようもない焦りである・・・。

ん〜娘と竹伐りに出かけるしかないか♪
もっと頑張れ、僕!ってことらしい(笑)。


| ナオマス | 動くモノ達 | 07:28 | - | - | -
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ