Master Road 

殿様狩


シロツメグサがギュっと敷き詰まった原っぱ。

コオロギや草きりがチョロピョンと忙しい。
ソロリソロリと歩き回る。
丁寧に丁寧に行く。

バタバタバタ!!

いた、殿様である、羽ばたく羽が茶色く見える♪
目を凝らして追う。
慌てて走っちゃいけない。

ジーーーっと着地点を見つめる。

絶対に目をそらさないでソコまで行く。
帽子。
最後の一歩と同時に決めた地点に帽子を被せる。

そっと帽子を閉じながら中を観察する・・・。

にッ(^^)♪
いたもんね♪
でかいもんね♪

夏のおわり。

原っぱ。

殿様狩の季節到来である。

マジおもしろい♪


| ナオマス | 生けるモノ達 | 18:46 | - | - | -
good job


やるな〜お前♪

微動だにしない good job !

通りすぎる人間達を薄目でじーっと見つめる good job !

募金するとお辞儀する good job ! (うそです・・・)

たまたまなのか。
気まぐれなのか。
真剣勝負なのか。

このニャンコ、ずっとここにいる。



近くにコイツも瞑想していた。

ん〜ここの猫はどっか神がかりチックである。

なんかイイモノを見た、気がする♪


| ナオマス | 生けるモノ達 | 08:56 | - | - | -
カメパク


池の淵を覗いていたら♪

カメが集まってきた(^^)
小さい池。
4匹のカメが首を伸ばして見つめている。

ん?そっか。

食い物が欲しいのか!
持っていたタコ煎餅をやってみる。
口がゆっくり、でっかく開く。

パクッ!食った、ウフである♪



みんなでゾロゾロ来た。
池の淵によいっしょって踏ん張る姿はなかなかいい。

手のひらよりだいぶ大きいカメ達。
3匹がくさ亀で一匹はジャンボミドリ亀。
あんまり可愛いので歩いている人たちが集まってきちゃった。

うらやましそうなガキンチョに煎餅を分けてやって退散である。

カメに囲まれるのはいいけど・・・

ヒトに囲まれると落ち着かない・・・僕。

退散である。

今度は人気のない時間に会いにこよっと(^^)だ。


| ナオマス | 生けるモノ達 | 13:01 | - | - | -
狗尾七草


お〜♪

スゲー!
七尾猫じゃらしだ。
娘・優風が見っけてきたエノコロ草である。

エノコロは狗尾と書く、犬の尾っぽだ。

一般的には猫じゃらし。
犬の尾っぽで猫をじゃらすのである(笑)。
なんか笑える。



嵐次郎もご機嫌♪

知らん人が多いが、コレって食べれるのである。
葉と花穂をかるく炙って醤油をかけてるとなんか焼きもろこしチックな風味。
てんぷらでも結構いける。

遺伝子に粟の因子が入っているらしい。

エノコロ草、通称・猫じゃらし。
意外とスゲー草なのだ(笑)。
だって猫を虜にしてしかも食せるのだよコイツは♪

に、しても七尾はスゲー!

野っパラを歩く面白みが倍増だ。

目指せ狗八尾草!である。

記録求む!


| ナオマス | 生けるモノ達 | 08:49 | - | - | -
魔猫


「魔猫」と書いて「まびょう」と読む。

時たま僕の魔猫ゲージに触れてくる猫がいる。

最近では。
バー猫のマダラ。
REIちゃんのカモメ。

うちの嵐次郎は残念ながら今のところ魔猫ではない・・・。


バー魔猫 マダラ


ランを威嚇する茶魔猫 カモメ

僕の魔猫イメージを粘土でこさえてみた(笑)。

欲しい方、譲ります。

いらねーか・・・(笑)。


| ナオマス | 生けるモノ達 | 07:57 | - | - | -
イキモノ好き


娘の優風はとにかくイキモノ好き!

ショウロウバッタを手に乗せてニッコニコ♪
散々追っかけまわされたショウロウくんはお疲れ様だ。
優風の手にとまってしばし休憩の後に原っぱに帰って行った。

草いきれ。

真夏の牧場でイキモノと戯れる。


羊・豚・馬・牛・ロバ・ウサギ・ガチョウ&バッタ!
イキモノ好きの優風にとっては天国のようなところである。
一袋100円の動物ゴハンを何個もあげまくる♪

夕方になって河に下りる。

そこもイキモノだらけだ。
魚や貝やカエル。
バケツに入れては逃がすの繰り返し。



次々に目の前に現れるトモダチに大忙しである。



バー仕事。

連休は取れない・・・。
せめて近所の自然を満喫させてあげる。
遠くまで行かなくてもすぐ目の前にも冒険はあるのである。

今度の休みは化石堀&土器拾い冒険の予定だ。

はぅ〜夏休み中。

僕の体力よガンバレ!だ。(笑)


| ナオマス | 生けるモノ達 | 06:39 | - | - | -
ググー!


ひっさしぶり〜である。

このところ休みにいろいろあってちっとも釣りに行ってなかった(@@)。
そろそろ痺れてきたので夕方の中津に行ってきた。
真夏の午後からの釣行なのでそんなに釣果は期待していない。

が!である。

これが結構アタリがあるし面白い。
50センチオーバーのスーパートラウトは惜しくもバラシ・・・。
んでも、まずまずのブラウンには出会えた♪

小虹はいっぱい釣った。


娘・優風が見っけたカエル。


久々だ。

やっぱ、ググーーー!ってクル感じはタマラン♪

ググー!はイイ♪


| ナオマス | 生けるモノ達 | 23:59 | - | - | -
あリッパ!


なんともリッパな巣を見つけた。

いるのだけど小ーさくて巣のヌシは見えない・・・。
ヌシはアリンコである。
この穴の下にどれくらいの王国を作っているのだろう。

ゴメンm(_ _)mである。

ガキンチョ頃。
こんな見っけたら速攻で水攻めをしてた。
しかもゆっくりと・・・。

ガキンチョ男子は残酷だ。

その辺に落ちてるアイスのカップに水を汲んでチョロチョロやる。
だんだんエスカレレートしてくる、空き缶、バケツ・・・。
んで、最後はオシッコ攻撃になる。

悪かった、ゴメンm(_ _)mである。

今、毎ーーーー日、働くようになってアリさんの気持ちがよーーーくわかる。

悪かった、本当に悪かった、ゴメンナサイm(_ _)mである・・・。

ありさんはリッパだ。

あリッパである!


| ナオマス | 生けるモノ達 | 23:59 | - | - | -
海ウサギ


アメフラシがちょいとしたマイブームだ。

芦ノ湖水族館でGETしたガチャガチャアメフラシ達。

アオアメフラシを狙って200円投入!
おわ・・・コモンウミウシ。
それではと、娘の優風がリベンジする。

ジャン!

なんと一発でアオアメフラシを引き当てた♪
でかした、優風である(^^)。

そんでこの前。

海で遊んでいたら。
いました!アメフラシくん♪



偶然、すくった網に入ってた、ラッキーだ♪
クニュクニュしてて愛らしい。

そんで、もって。
こいつらユニセックス、雄雌胴体。
頭のほうに雄の生殖器官、背中に雌の生殖器官がある・・・。

まったく摩訶不思議な、イキモノである。

しつこく触ると紫色の液を噴射する。
フワっと広がる紫色が雨雲が広がるように見える。
そんで、アメフラシくんな訳だ。

ついでに言うとアメフラシは無盾類に属する。
見た目は貝殻はないのだが背中の中に平らな殻を持つ立派な貝の仲間。
まあ、外に殻(盾)がないので無盾類なのだろう(笑)。

盾をしまって、紫雨雲を作って、ゆっくりふわふわ♪

なんとも平和呑気的でいいよね、だ(笑)。

英名:Sae hare 海ウサギ。
そういえばアタマの二本触覚がウサミミぽい(笑)。

日本では「海ウシ」って呼ぶところもある、が・・・

可愛いところが好きなので、なんかウシよりウサギのほうがいいなぁ〜。
(ウシファンの人ゴメンm(_  _)m)

春先の磯によくいる海ウサギ。

平和呑気的のお手本に来年も会いに行こっと♪


| ナオマス | 生けるモノ達 | 07:45 | - | - | -
青>赤


ちょい怖・・・。

しばらく前に近所の河で捕獲してきた小ザリ二匹。
1センチくらいの小ザリはスゲー可愛かった。
なんでか同じ姿なのに片方が色で、もう片方が色。

毎日赤虫をモシャモシャ食べ、たまにスルっと脱皮して順調に育ってた。

んが、ある日。
朝、見たらがいない・・・。
よーく見たら赤の殻みたいのがチラホラ・・・。

青め、食ったな、である(@@)。

あんなに二匹で仲良くしてるかの様に見せかけていて野生は恐ろしい。
ごはんだって毎日タップリあげていたのに・・・。
食欲からか、縄張り争いなのかとにかくザリは一匹になった。

そんで、写真を良く見て欲しい。

赤虫をほおばる
今、体長4センチくらい。
ハサミの先っちょが赤くなってきている・・・。

オロロ・・・食われたの怨念か!

娘・優風の夏休み。
そろそろ春に捕獲した生き物達はもとの河に返す予定だ。
なのだが、しかし・・・こののこの先は見てみたい。

親子相談の結果、も、少し観察することになった♪

もちろん、ザリ以外は故郷の河に放してくる。
の怨念でになるか最後まで見届けなければ!だ。

期待している。

僕は心から期待している。

ザリの誕生を!


| ナオマス | 生けるモノ達 | 09:37 | - | - | -
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

このページの先頭へ